晴耕雨読?それとも晴耕雨打?

仕事・家庭菜園・囲碁・アンネのバラ・そして旅行。結構忙しい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高龍寺ヶ岳ぶらぶら登山

登山道入り口(タンタントンネル横)登山マップさあ頑張ろう
今日は友人と高龍寺ヶ岳に登った。タンタントンネル横の駐車場に車を停め、そこからのんびりと歩いた。
丸太橋タバコ石休み石
丸太橋を渡り、かなり急な登山道が続く。30分ほど登ると「タバコ石」と「休み石」というのがあった。
休み石で一休みあと一息?まだまだ山頂入り口
なかなか座り心地は良さそうだ。一休みして再出発。分岐点が何ヶ所かあるが、手製の標識のおかげで道に迷うことなく山頂入り口にたどりついた。
石段上がれば・・・>頂上かな山頂までまだ500m山頂まで30分
階段を上っていくと、なんとなく頂上の雰囲気。「着いたか」と期待したが、登ってみると頂上ではなかった。まだ山頂まで500mあった。
ブナ原生林あと10分、いよいよ着いた~
ブナの原生林を過ぎると、「あと10分」の標識。傾斜は急だが、まもなく小屋の屋根が見えた。頂上だった。頂上に登って景色を見ると、久美浜の小天橋が見えた。未確認飛行物体も見える(スズメバチほどもある大きな蜂だった)。また天橋立も見えると聞いていたが、残念ながら樹木が邪魔をして見えなかった。
山頂久美浜側未確認飛行物体アサギマダラかと思ったらキアゲハ
昼食を食べていると2羽の蝶がいた。「アサギマダラか」と思ったが、ただのキアゲハだった。
登りは1時間半ほどかかったが、下りは約40分。駐車場に着くとまだ14時前。豊岡のコウノトリの里公園に行くことにした。
コウノトリの里公園の見取り図コウノトリの里公園雛が見える
子育てに忙しいツガイがいた。必ず1羽が巣に留まっている。
バケツ3杯の魚烏も鷺も鳶も一緒絶滅したコウノトリ
園内を一回りしていると餌の時間になり、職員がバケツ3杯の魚を持って飼育場の中に入って行った。両手で魚を放り投げると、コウノトリだけでなく、烏や鷺そして鳶もやってくる。
。コウノトリ文化館には最後の固有のコウノトリの剥製があった。嘴が黒い。これが固有種かと、絶滅が残念でならない。昔も今もそしてこれからも、自然は大切にしたいものだ。
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suonada.blog.fc2.com/tb.php/492-c24e2f16
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。