晴耕雨読?それとも晴耕雨打?

仕事・家庭菜園・囲碁・アンネのバラ・そして旅行。結構忙しい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地訪問 in 大槌町2

朝7時に大沢温泉を出発、遠野、釜石を経て大槌町に入る。

大槌カリタスベースでのビデオ研修を終え、市内研修に出掛けた。
時間が限られているので、城山公園と旧町役場訪問。それぞれの場所で黙祷を捧げた。
城山公園から見た町内は1年前と比べても復興は確かに進んでいる。
去年見た鉄道の橋桁が見えないくらい盛り土が高くなり、道路もコースが決められたものになり、復興が進んでいる。一方で学校はいまだにプレハブ校舎、外部からはわからない優先順位があるのだろうが、子どもたちの良い環境をができてほしいものだ。


午後はコーラスグループしわくちゃーずを中心としたカラオケ大会参加組、河川敷に作る菜の花畑の瓦礫取り組に別れて作業。私は菜の花グループに参加。
行ってみると、幅15m×100m以上の河川敷にコスモスや菜の花を植える予定で、もうコスモス畑はできていた。
菜の花畑はまだ始まったばかり、今日は私たち菜の花組4人と地元のKさんの5人だけだったが、明日は私たちゆるボラだけでなく、大阪からも20人ほど参加者があるようだ。
「なぜ菜の花ですか」と尋ねたら、「一番先に咲く目立つ花だし黄色は希望を感じる色だから。そして菜種油をとって何かできれば最高」という返事だった。来年来たときは一面の菜の花が見たいものだと考えながら作業を進めた。
ツルハシで掘り起こし石や厄介な草の根をとっていたら、雪が降り始めた。すぐに止むと思っていたが、どんどん雲が厚くなり本降りになったので、残念だが作業を切り上げた。

カリタスに帰ると他のグループも帰ってきた。ここでは「分かち合い」と呼ばれる一日の思いを話し合う時間がある。
私は、菜の花畑作りで感じたことを述べた。来年もここに来て菜の花畑を見たいということを。
明日も畑作りに参加しよう。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suonada.blog.fc2.com/tb.php/483-78ab96e4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。