FC2ブログ

晴耕雨読?それとも晴耕雨打?

仕事・家庭菜園・囲碁・アンネのバラ・そして旅行。結構忙しい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大槌町ボランティア最終日

昨日で活動が終わり、今日は大槌町を後にする。
出発のため荷物を持って玄関に集合。全員が揃うのを待っている間に震災時の火災の話になった。
森林火災の炎は宿舎前の山の向こう側から飛び火してこちら側に燃え移って来たらしい。
山の上の方の木がまばらになっているところが燃えたところということだった。津波直後のため消防署は機能せず手の施しようがない状態だっただろう。
森林火災の炎が燃え移ってきた山

6時に出発。釜石まで来ると山の上に大きな観音像があった。津波にさらわれて戻ってこない人のために作られたものだろう。海の方を向いて手を合わせている。

少し進むと、大掛かりなベルトコンベアが設置されているところがあった。集積場から工事現場まで土を運ぶために作られたものだ。今日は止まっていたが、普段は24時間操業をしているとのこと。そのすぐ傍に「奇跡の一本松」のモニュメントが立てられていた。住民の心を支えた奇跡の一本松と現実の工事。異質なものを感じてしまった。

奇跡の一本松1 奇跡の一本松2

テーマが「丹後のバラ寿司を入居者の人たちと一緒に作りながら、楽しいひとときを過ごす」ということだったので、料理ができない私としては、何ができるのか不安だったが、それでもゆっくりだがニンジンを細かく(千切り?)切った。(^^)v
脚が悪くなり調理に参加できないおばあさんと話をしたり、食後は男性高齢者と童心に帰ってコマ回しをしたり、それなりにすることが出てきた。少しは役に立ったかな。(^^♪
17時頃大槌のスタッフさんからバスの中の私たちに、バラ寿司作りについて参加者からのお礼の伝言「バラ寿司うめかった。今度はいつくんだ?」というメールが私たちの代表者のところに届いた。嬉しいメールだった。被災地訪問という重いテーマの活動だったが、また行こうと決めた。
さらに、高校生から高齢者まで幅広い年齢層の参加があり、いろいろな人の意見を聞くことができた。まだ少しは役に立つことがありそうだから、今後も続けられるよう、健康を維持できるようにしたい。

このあと、昔から見たかった安達太良山と磐梯山を眺めながら日本海側に抜け、無事丹後に帰った。
安達太良山 磐梯山

スポンサーサイト

-1 Comments

とくちゃん says...""
大槌ボラのブログ、見せていただきました。

的確な記で感嘆です。4日間の日々が楽しく思い出されます。
私は何をしとったんだろーと!

深田さんのブログとリンクしたらおもしろい?ですね!

バスの中では少ししか話ができませんでしたが、ドンデンな話ばかりで申し訳ありませんでした。いつも終わった後は反省しきりです。

子供キャンプご苦労様です。今年もできる限り参加予定です。
よろしくお願いいたします
2015.03.24 10:50 | URL | #nmxoCd6A [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://suonada.blog.fc2.com/tb.php/340-8830507c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。