晴耕雨読?それとも晴耕雨打?

仕事・家庭菜園・囲碁・アンネのバラ・そして旅行。結構忙しい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古文書講習会

今日は最後の古文書講習会。いろんな予定が重なり半分くらいしか出席できなかったので、まだほとんど読めるようにはなっていない。しかし、判読の手引を見ながら少しずつ読めるようになってきた。

源氏物語 松かぜ
これは源氏物語の松かぜ
源氏物語 うす雲
これは源氏物語 うす雲
源氏物語 あかし
これは源氏物語 あかし
3冊とも江戸時代のものらしい。中身はほとんど読めないが、インターネットで現代文を見つけ、それと比べながら追いかけるとなんとなく読めてくる。読めると結構面白い。
源氏物語 桐壷源氏物語 桐壷2
これは源氏物語の桐壷。両方を見比べて読んでみると、それなりに読めてきた。
\(^o^)/
織田信長から細川藤孝への手紙1織田信長から細川藤孝への手紙2
これは織田信長から細川藤孝への手紙である。、内容は宮津に築城する許可を与え、明智光秀に相談するようにとの添え書きもある。本能寺の変の2年前の手紙だが、信長の光秀への信頼は厚かったようだ。
織田信長から細川藤孝への手紙3織田信長から細川藤孝への手紙4
2通目も信長から藤孝への手紙で、内容は宮津の領地の石高を調べるようにとの内容らしい。これは右の写真を見ていても意味は良く分からない。講習会では先生が読みながら解説。
(^^)v。
来年ももう一度入門講座を受講して、もう少し読めるようになりたい。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。