FC2ブログ

晴耕雨読?それとも晴耕雨打?

仕事・家庭菜園・囲碁・アンネのバラ・そして旅行。結構忙しい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽明文庫と仁和寺

南丹PA南丹PAの紅葉
今日は丹後郷土資料館の研修旅行で、陽明文庫と仁和寺に行ってきた。昨日に続いてのお寺巡り、朝は少し眠かった。
今日の休憩は味夢の里ではなく南丹PAだった。ここは山の中、少し紅葉が始まっていた。
陽明文庫への散歩道陽明文庫1陽明文庫2
陽明文庫では、藤原道長の自筆日記や定家自筆の書など、国宝や重文の書画を多数、管理人さんの解説付きで2時間弱、ガラス越しではなく直に見学。
なかでも、明恵上人自筆の手紙は感動だった。まさか今日ここで明恵上人の書に出会うとは思ってもみなかった。手紙の内容は「三月十日に河内に行く」くらいしかわからなかったのだが、(((^_^;)
帰りには資料集を購入。
仁和寺への小路1仁和寺への小路2昼食
そこから歩いて仁和寺へ。近道を通ったため、正門ではなく西門からだった。
境内を素通りして、昼食の御室会館へ直行。量は少なかったが、美味しかった。
霊宝館孔雀明王(Wiqipedia より)
食後は仁和寺の見学。霊宝館では、弘法大師の書を始め多くの資料が展示されていた。ここで目を引いたのは、孔雀明王だ。孔雀は毒蛇も食べてしまうということで、人々の安寧を守る仏として崇められているようだ。もう一つは与謝郡の刻印がある梵鐘だった。こんなところに与謝の鐘があるとは夢にも思わなかった。
中門の持国天中門の多聞天仁和寺の金堂
経蔵経蔵の説明文経蔵入り口
金堂は明日の行事準備のため入れなかったので、隣の経蔵を見学。中には、お経を納めた引き出し状の丸いお堂(一切経)があった。壁には壁画もあった。ここはめったに入る機会はないとのこと、「災い転じて」だった。
工事現場入り口
そのあとは、府の職員さんの案内で、仁和寺観音堂の工事現場内部の見学。
工事現場での写真撮影の許可は降りていたが、ブログ等への利用はしないようにとのこと。残念ながらアップできないが、工事中しか見ることができない骨組みや造り方、そして、修理の方法や修理個所など、興味深かいことがたくさんあった。
その中で、27日に正倉院展の古文書で見た奈良時代の漢数字(壱、貮、参、肆、伍、陸、漆、捌、玖、拾)が真新しい材木に書かれていた。尋ねてみると、「棟梁のこだわり」という返事が返ってきた。建築のことなど私にはまったく分からないが、次の修理(150年~200年先)を見据えた棟梁の心意気がなにやら嬉しく感じられた。いつの時代にもこういう職人さんがいて、1000年もの長い間貴重な建物が守られてきたのだろう。
この研修旅行も昨日の正倉院展にも劣らない面白いものだった。
そして、来年はどこに行くのか、今から楽しみである。

スポンサーサイト

第67回 正倉院展

一昨日の夜高速が工事中になっっているのに気がついた。
初めは与謝ー宮津館のはずだったが、調べてみると宮津ーわち間も20時から6時まで通行止めだった。
当日の往復は時間的に苦しいので、急遽ホテルを探し昨日仕事を終えてから出発した。食事もせずに急いだので、丹波味夢の里に20時前に到着。
しかしレストランはもう閉まっていたので夕食は奈良に着いてから。
宿泊施設は興福寺近くのペンション、朝食付きで4000円ちょっと。(^-^)v

ホテルのレイアウト朝食正倉院展の入り口
朝5時に目が覚めた。朝食を済ませて、国立博物館へ。9時過ぎだったがもう並んでいた。といっても、去年の半分くらい。5分から10分ならんでいたら入場。
入場後は、ボランティアによる見どころ講演が約30分。スライド上映のため場内の照明を落としたので、少し居眠りをしてしまった。(((^_^;)
その後展示へ。一番気に入ったものは一通り見終わったらもう12時半になっていた。
彫石横笛彫石尺八伎楽面力士
興味を引いたものをいくつかあげるとすると、やはり、蛇紋岩で造られた横笛と尺八が一番。(^^ゞ
そして、伎楽面。写真は力士だが、他にも数点の伎楽面があった。これらのお面は後ろに少し切り込みがあり被ることができるようになっているのだが、その切り込みが思ったよりも小さく被れるかどうか疑問だった。
他にも物差しやら古文書(住民票のような、家族のデータを書いたものもあった)やら興味深いものがたくさんあった。古文書はこれまではただ見るだけでほとんど素通り状態だったが、今年の春から丹後郷土資料館の古文書講習会に参加しているため、今年は知らず知らずのうちに古文書にもじっくりと時間をかけて読める字を探していた。
法華寺御流の生け花庭園2抹茶で一服
拝観の後は急いで昼食をすませて、恒例の茶席。入り口には今年も法華寺御流の生け花。茶席に入るときれいに整備された庭園がある。しばらくのんびりと日向ぼっこをした。
南円堂前の橘南円堂の裏国宝 興福寺の三重塔
その後、博物館で正倉院展のお土産を買い、興福寺から三条通を職場へのお土産物を探してブラブラしていると、南円堂の後ろに三重塔があるのに気がついた。これまで何度も来ているのだが南円堂の後ろに回ったのは今回が初めて。
この三重塔、調べてみると、興福寺のなかでは北円堂とともに最も古い建物だそうだ。
興福寺のサイトには次のようにある。
「康治2年(1143)に崇徳(すとく)天皇の中宮(ちゅうぐう)が創建されましたが、治承4年(1180)に被災し、間もなく再建されました。
北円堂(ほくえんどう)とともに興福寺最古の建物で、高さ19.1m、初層は方三間で4.8m、本瓦(ほんがわら)葺き。
鎌倉時代の建物ですが、木割が細く軽やかで優美な線をかもし出し、平安時代の建築様式を伝えます。」
摩利支天石工事中の興福寺金堂夕飯
三重塔の近くには「摩利支天石」と彫られた石があった。調べてみると、「宝蔵院流槍術の創始者胤栄が祀っていた石」とある。宝蔵院流槍術といえば宮本武蔵を思い出す。中村錦之助の宮本武蔵がお寺の境内で宝蔵院流槍術と試合をする場面を覚えている。・・・古~。
そして、興福寺境内を一回りして帰路に就いた。20時までには丹後に着かなければ高速を下ろされてしまう。

正倉院展、来年もまた来たい。それまでにもう少し古文書が読めるようになりたい。

久美浜にコウノトリが・・・

コウノトリ1コウノトリ2
26日久美浜町女布で仕事をしていた。ふと、見上げると、4本の電信柱のてっぺんにコウノトリが1羽ずつ羽を休めていた。スマホなので写真が小さく見難いが確かに止まっている。動画もやっぱり小さかった。

[広告] VPS

ニンニクの植え付け完了!

畝完成1畝完成2ジャガイモの成長
12日に粗起こしを初めて今日やっと畝作りをする時間が取れた。とりあえずニンニク用の3畝。隣の畝にはこれも12日に整理したジャガイモが順調に育っている。
マルチ掛け完了植え付け完了今日も焼き芋
畝作りの後はマルチ掛け。畝の表面をできるだけ平らにしてからマルチ掛けをした。全部終わってから、保温のためのモミガラを撒いておくのを忘れていた。もう一度やり直そうかと思ったが、そのまま植え付けた。1畝に三列、ところどころ施肥用の穴を確保したので、去年より約60個増えて、全部で526個を日が暮れるまでに何とか終えることができた。お駄賃は今日も焼き芋。(^0_0^)
次は、玉葱の植え付け準備・イチゴの植え付け・サツマイモの収穫。まだまだ忙しい日が続く。が、その前に、27日は正倉院展、28日は仁和寺と陽明文庫の拝観、11月1日はジオツアーのガイド、3日は久美浜町の囲碁大会、と立て続けに予定が入っている。できるかな・・・・・

芍薬の植え替え

植え替え前1植え替え前2
4年前植え替えた芍薬2鉢。鉢が少し小さいので思い切り大きな鉢に植え替えることにした。鉢をひっくり返して、根っこをほぐそうと思ったが、繊細な芍薬なのでそのまま別の鉢に移し替えた。
植え替え後2植え替え後3植え替え後1
直径40cmと45cm、高さ30cmくらいの大きな鉢だ。赤玉土と腐葉土を半々くらい混ぜ、底の方に肥料を置き作った土を少し入れた後、鉢形になった形のまま芍薬を置き、周囲に土を入れた。水を入れながら棒で鉢をつつき土を固め、土を追加して植え替え完了。来年は咲かないかもしれないが、少しは株が大きくなるだろう。

高齢者大学峰山学園 奈良市街研修

味夢の里薬師寺休丘八幡宮
今日は高齢者大学峰山学園の市街研修で奈良の薬師寺・玄奘三蔵院・唐招提寺・平城宮の朱雀門横の歴史観に行ってきた。
味夢の里は今月4回目。結構繁盛しているように思う。
薬師寺は退職してから5年目になるがもう4,5回来ているし、唐招提寺も3,4回目だ。薬師寺に行くとき通る休丘八幡宮、これまでなんとなく通り過ぎていたのだが、縁起を読んでみるとなかなか由緒ある神社のようだった。この建物は慶長年間に豊臣秀頼によって新造されたとある。今日は団体行動なので、次回来た時にはじっくりとお参りしてみようと思う。
唐招提寺鑑真和上とハト苔庭のヒコバエ
玄奘三蔵院も含め1時間半は短かったが、ともかく次は唐招提寺。金堂と講堂を拝観した後、北側の土塀わきの小道を歩きながら鑑真和上廟へ。みんな(約40名)でお墓の周りを1周していると、お墓の上にいたヤマバト2羽が私たちの動きに合わせて、私たちから2,3mのところをトコトコ歩いてランデブーしてくれた。
感想続きのはずだが、苔の庭もやっぱりきれいだった。ここで、今日の新発見。切り倒された古木の幹にヒコバエかあるいは種が落ちて芽を出したのか分からないが、10cmくらいのヒノキ(たぶん)が芽を出していた。いままで何度か来ているが、これには気づかなかった。これからはこのヒノキの成長を楽しみに見ることにしよう。
唐招提寺金堂朱雀門平城宮跡と電車
もう一つ唐招提寺。売店前から写した写真だが、この角度もなかなか良い(と独りよがり)。(^^ゞ
昼食後は朱雀門と歴史館。この写真は朱雀門近くから大極殿を映したものだ。平城宮跡に来ると思うのだが、国指定の史跡の中を電車が走っているのは、全国探してもここだけではないだろうか。「興醒め」と見るか「アンバランスの魅力」と見るかは、人それぞれ。私は・・・。

畑の粗起こし

3連休の内、2日は京都行き。昨夜帰宅後、少々体調不良だったが、朝起きると元通り。しかし、念のため午前中はのんびりと過ごし、畑仕事は14時頃から18時頃まで。

粗起こし1粗起こし2粗起こし3
草焼きをしながら、ジャガイモを植えていた畝の粗起こし。コンパニオンプランツのマリーゴールドはまだまだきれいに咲いているので、を引っこ抜きちぎって、苦土石灰・ケイフンと一緒に畝の中に鋤き込んだ。
サツマイモ1サツマイモ2サツマイモ3
サツマイモを1株掘り起こし、たき火の中に放り込んで焼き芋。植え付けが遅かったので、写真のようにまだ少し小さく、甘みも少なかった。収穫は今月末頃になりそう。
粗起こし4粗起こし5
18時前、なんとか2畝の粗起こしが完了。1畝10mほどあるので、ここにはニンニクを植える予定。
ともかく今日の作業は終了。

今日の野良仕事

最近忙しくてなかなか畑仕事ができない。
秋植えのジャガイモはとうとう植えることができなかった。(T_T)

ジャガイモの芽1ジャガイモの芽2ジャガイモの芽3
今日やっと2~3時間畑に行く時間が取れた。行ってみると夏に収穫したジャガイモの畝から新しい芽が出ていた。まだ小さいので、収穫して食べようかと思ったが、数えてみると10本以上出ていた。秋植えができなかったので、このまま育てようと思い、あちこち散らばっている芽を土と一緒に同じ畝に植え替えた。
ジャガイモの芽4マリーゴールド1マリーゴールド2
結構大きくなっているものもあり、11月末にはいくらか収穫できるかもしれない。コンパニオンプランツとして植えていたマリーゴールドはほとんど花を終え枯れかけていたが、まだきれいに咲いているものが2本あった。ピーマンやパプリカと一緒に植えているマリーゴールドは、まだまだ現役できれいに咲いている。

高齢者大学奈良研修下見

今年の高齢者大学峰山学園の市街研修は、奈良の薬師寺・唐招提寺・平城宮跡歴史館と決まり、私も参加することができた。といっても、今日はその下見。私は公民館職員ではないが、奈良にはたびたび訪れているため、下見の道案内をすることになったのである。




薬師寺金堂薬師寺大講堂玄奘三蔵院
峰山から薬師寺まで、途中味夢の里で休憩を入れても、約2時間半。便利になったものである。
予定では、薬師寺の金堂から大講堂、そして玄奘三蔵院を1時間半くらいで回る予定。
サツキ展1サツキ展2サツキ展3
玄奘三蔵院では、回廊で盆栽のサツキ展をやっていた。何年か前に来た時はカンラン展をやっていた。3枚目の盆栽は根っこを幹にまで育てたもののようである。手間暇かけて育てた力作ばかりだった。
唐招提寺額唐招提寺金堂天平の甍
次は、唐招提寺だ。一歩中に入ると、独特の雰囲気を感じる。今日は写真を取っていないのだが、私は、行動裏の土塀が続く道が気に入っている。その先には鑑真和上廟と苔の庭が待っている。
苔の庭1苔の庭3鑑真和上廟
これがその苔の庭だ。この数日晴れ続きのはずである。しかし、ここの苔はきれいだ。十分に湿り気があるときにゆっくりと訪れたいものだ。苔の庭を通るとすぐ鑑真和上廟だ。すでにこの時代(9世紀)は古墳は作られていないが、円墳と言ってもおかしくない立派な墓だ。さすがは日本で初めて僧侶になる戒律を広めた人だ。
大極殿朱雀門平城宮跡歴史館
ここで、一旦昼食休憩予定のなら和み館に立ち寄り、館内を案内してもらい、昼食を済ませた。団体予約の下見とあって、食後のコーヒーをサービスしてくれた。(^^♪
最後は、平城宮跡歴史館。子どもにもわかりやすくCGを使ったシアターだった。豊橋の小学生が修学旅行に来ていた。また、遠足に来ていた近くの小学生の団体もあった。全てを見て回ると1時間ほどかかりそうだが、歴史に関心を持たせてくれる施設になりそうな予感がした。
時期外れの桜
一通り下見を終え、駐車場まで歩いていると、季節外れの桜が咲いていた。10月16日が楽しみである。

120km ウォーク in 京丹後


開会式後ヶ浜
今日はジオパークの120kmウォーク。
ちょうど一年前初めてのガイドをしたのもこのイベントだった。それ以降、特に今年になってから徐々にガイドが増え、この分なら次回のガイド更新用件を満たしそうだ。(^^♪
参加者は約60名。開会式の途中、突然空が真っ暗になり、大粒の雨が降り始めた。急いで車に移動して持ち場の大成古墳群へ。今日は2人でガイド。大成古墳群はもう一人のガイドが担当、私は先端から景色を見ながら、地形や岩石の話。固い話が中心だったが、質問が出たりして楽しんでもらえたと、勝手に思っている。参加者全員が通過したのを確認して、無事ガイドを終えた。去年よりはうまくできたかな。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。