晴耕雨読?それとも晴耕雨打?

仕事・家庭菜園・囲碁・アンネのバラ・そして旅行。結構忙しい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埴輪製作

17日(土)丹後町の古代の里資料館で舟形埴輪をつくる会があったので、甥と二人で参加した。
会場は古代の里資料館に復元されている竪穴式住居の中。エアコンはなく扇風機だけだったが、あまり蒸し暑さはなくまあまあの環境だった。この程度の暑さなら、住居として十分に耐えられるだろう。



130817125402_r


130817125456_r


130817125442_r




まず、粘土を7ミリくらいの厚さにのばして、型を取る。このように同じ厚みの粘土の板を用いた作り方をタタラ作りというらしい。



130817102813_r


130817105412_r


130817105428_r




型が取れたら、組み立てる。

130817105737_r


130817112349_r


130817112421_r




真ん中の粘土を曲げてひっつけると舟の概形ができる。



その上に、上の写真のもう一つのパーツをのせて整形する。
ここで、昼休み。あっという間に2時間が経ってしまった。



130817115642_r


130817115652_r




午後は下の写真ののこぎりクワガタの歯のようなパーツを舟の上にのせる。



130817125510_r


130817134123_r




これで概形は完成。しかし、細かいところがまだまだある。
舟の前と後ろに横板になる粘土版を挟んだり穴を開けたり、きれいになるように
面取りをしたり、結局完成は15時頃になった。



130817143806_r


130817143812_r




当日は10名の参加者がいた。
みんなの作品を一か所に集め、自然乾燥させた後、素焼きをする。
焼いたときときどき割れる者があるとのこと、割れませんように。
完成は約一ヶ月後。



130817144353_r


スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。