晴耕雨読?それとも晴耕雨打?

仕事・家庭菜園・囲碁・アンネのバラ・そして旅行。結構忙しい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間ぶりの農作業

思いがけず、また仕事に復帰することになり農作業が滞ってしまったが、今日一週間ぶりに畑に来ると、コスモスが満開になっていた。作業は、タマネギの発芽状態の確認と少し早いが定植用の畝づくり、小豆の防虫剤散布、サツマイモの試し掘りをした。



タマネギの発芽状態は順調のようだが、今年初めての挑戦なので本当のところはこれで良いのかどうか分かっていない。



F1008735


F1008737



F1008734


F1008740
↑発芽したタマネギ   ↑タマネギの畝



F1008738


F1008741



8本ほど収穫したが、今年のサツマイモはどの苗も粒が揃っている。今晩のおかずはサツマイモかな。



F1008742




大型台風が近づいているので、パプリカも収穫した。
もう一度獲れるかな。

スポンサーサイト

大根の間引き

一時は虫に葉をほとんど食べられてしまった大根だが、自家製防虫剤を2,3日おきに噴霧していたら、いつしか虫がいなくなり、スクスクと育ってきた。
だいぶ込み合ってきたので、20本程度を残して間引きした。
まっすぐに育っている大根もあった。きたいできそう。
間引いた菜は夕食の食卓に出ていた。



F1008725


F1008727


新山子ども囲碁大会

昨日9月21日は地元の囲碁同好会が指導している子ども囲碁教室の大会の日。
小学校1年生から6年生までが、13路盤で熱戦を繰り広げた。優勝は5年生の女子、準優勝は1年生の男子だった。
優勝した女の子は2度目だが、準優勝の男の子は初めて。順位が確定してから表彰式までの間が待ち切れず、うれしそうに走り回っていた。(^0_0^)
しかし、最終局に負けて入賞を逃した女の子は、勝敗が分かっていたのか地を作り始めたころから泣き始め、応援に来ていたお母さんに負ぶわれて、帰るまで泣きやむことはなかった。20数年前に全国子ども囲碁大会で優勝を逃した時の山下名人を思い出した。
また、今日22日は大人の部の大会だった。先日の大会に続きまた準優勝だった。((+_+))



ともかく、充実した2日間だった。



F1008713


F1008712


タマネギの種まき

今年のタマネギは、種から育てることにした。
昨日、畑の一角に苦土石灰と888を混ぜて耕し、種を蒔き、その上からモミガラでかぶせた。
種蒔き終了後、台風16号による雨を期待して水はやらなかったが、読み通り今日は雨が降った。これで芽を出すのも早いだろう。
その横では、小豆がすくすくと育っている。(^^)v



F1008708


F1008710


その後の小豆

小豆がどんどん大きくなり、少しずつ実が入ってきている。
今年は、自家製防虫剤をたびたび噴霧しているので、虫の被害も少なく、葉がしっかりとしている。



F1008701


F1008702




ここまではしっかりと世話ができたが、来週火曜日からまた仕事に復帰することになり、野菜作りが手抜きになるかも。((+_+))

峰山町にもコウノトリが・・・(^^)v

今朝通勤途上、ある溜め池の道路際に数台の車が止まっていた。中には双眼鏡を手にしている人や望遠カメラで狙いをつけている人もいた。
視線の先をみると、溜め池の浅瀬にコウノトリがいた。1羽、2羽、3羽、4羽、5羽・・・。5羽目は鷺だった。

Dscf0064


Dscf0075



豊岡でコウノトリの飼育を始め、数年前に放鳥、昨年は久美浜町に巣をつくっていた。峰山町にも来ていたようだが、この目で見るのは初めて。



池の周りには樹木が茂っているので、巣をつくらないかとかすかな期待を抱いている。カモも泳いでいるのどかな溜め池である。



Dscf0061 Dscf0079


一世本因坊算砂のお寺

昨日、一世本因坊算砂が住職を務めた寂光寺に行ってきた。



お墓には、施主日本棋院、関西棋院、毎日新聞社による塔婆がたてられており、今も敬われていることがよくわかる。



一世本因坊算砂から四世本因坊道策の墓参りをしたあと、住職の案内で、、本堂や算砂、道悦愛用の盤石など多数の貴重な展示物、今年の本因坊戦の対局状になった部屋、貴重なビデオなど、ゆっくりと拝見することができた。



Dscf0008




↑一世~4世本因坊のお墓



Dscf0017


Dscf0018




↑一世本因坊算砂と三世本因坊道悦愛用の盤石

小豆の花

小豆の花が咲き始めた。
ゼンザイをつくるとおいしそうに食べてくれるおばあちゃん。
あと二ヶ月。



囲炉裏端
ぜんざい食べる
団欒に
思いを馳せて
実れとぞ祈る

F1008682




野鳥の巣

畑の草取りをしていたら、ムクゲの木の下に野鳥の巣が落ちていた。
周りに卵の殻などがなかったので、巣立ちの後だと思うことにした。
因みに、巣の材料としてナイロンが多く使われていた。
屋外のあちこちにナイロン製品が捨てられているのだろう
そう言えば我が家の畑にもジュースの空き缶やおやつのナイロン袋などなど、心ない人のゴミが投げ捨てられている。
(-.-;)y-~~~

F1008679


F1008680



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。